medini analyze - 機能安全

IEC 61508, ISO 26262 や DO-178B といった国際規格を機能安全の分析に適用する必要があります。medini analyze は、そうした規格を効率的に適用するのをサポートする統合ツールです。


unite - 構成・変更管理

Matlab Simulink、 Stateflow、 TargetLink のモデルおよびブロック図レベルでの差分解析機能を提供します。複数の開発者による共同作業を効果的に行うことが可能になります。

 

現在の製品バージョン

多くの新機能が追加された medini 製品 medini unite 5.0.1medini analyze 18.1.1 がリリースされました。詳細は製品ページをご参照ください。

ご関心のある製品について、期間制限・フル機能のトライアル版をお試しいただけます。製品ページのトライアル申し込みフォームにてお申し込みください。

お客様向けインフォメーション・ウェブキャスト medini analyze R18.1

おかげさまでこの度、medini analyzeの新バージョンR18.1をリリースいたしました。この新しいバージョンは、4月21日にリリースされたANSYS製品のR18.1の一部として、medini analyzeの製品体系をすべてのANSYS製品とそろえてあります。

主な変更点は、極力シンプルにした製品ラインナップ、パッケージ内容、そしてライセンス体系です。


ぜひウェブキャストにご参加ください。
2017年5月11日午前9時(ドイツ時間)

2017年5月11日午後4時(ドイツ時間)

ウェビナーを登録する(英語のみ)

medini analyze 18.1 リリース

2017年4月21日にmedini analyzeの最新版がリリースされました。次のような改良点が含まれています:

- IP設計データのインポート
- 信頼性計算の精度向上
- 整合性確認の強化
- 状況マトリクスの改善
- 自動適格性評価キット
- Jama連携
- 「日付」タイプのプロファイルプロパティ
- ネイティブExcelレポート形式
- 新FMEAレポート
- モデルブラウザ上での仮想グループ化

medini™ analyze ユーザーカンファレンス 2017

2017年9月20日-21日、ベルリン

2017年10月18日-19日、ミシガン

 

ANSYS medini Technologies AG 主催

詳細お問い合わせ先: user-conference@ansys.com