unite - Simulink, Stateflow, TargetLink のための差分解析とモデルマージ

Simulink, Stateflow および TargetLink は、組み込みシステムの開発において標準ツールとなっています。

unite を使うとモデル間の差分を効率的に解析して視覚化し、差分レポートを作成することができます。さらに、あるモデルの異なる版を互いにマージして新しいモデルを作成することもできます。このツールの主な対象ユーザーは、Simulink, Stateflow や Targetlink をお使いで、チーム内または分散開発環境下で作業をされるエンジニアです。

unite の主な特徴:

  • 一般的に使われているバージョン管理システムとの統合
  • 自動マージや、マージ決定内容の"元に戻す/やり直し"機能
  • 3点間解析
  • グラフィカルな差分表示による分かりやすいユーザーインターフェース

unite は、自動車、航空電子機器、航空宇宙、医療技術、防衛、ならびにエネルギー産業といった分野での有名な企業で使用されています。この製品は、短期間のうちに Simulink, Stateflow, TargetLink モデルの 差分/マージのための主要ソリューションとして確立されるようになりました。

お客様にとって最適な構成について、製品構成とライセンス種類の資料をご覧ください。